兵庫県支部から

雨の日と安全

今日は朝から雨。地下鉄三宮から事務所のある海岸通りのビルにいつものように通勤。都市部のため、大通りのほか一方通行の通りや筋がたくさんある。いつものように多くの人が信号無視で車が通っていなければ交差点を渡っていく。なにを急いでいるのかと思う。それとも車が来なければ安全というわけか・・
 そんなことを思いながら交差点を青でわたっていると、赤信号を下向きながらわたってくる若い女性。そこへ、車がそこに・・・車は警報をならすことなく女性と前後して走りさっていった。
 車も警報くらい鳴らしたれよ、と思いながら、この女性は何を考えて車が来るのに赤信号わたるのかと、半分怒りに似た感情で女性を見ると・・・耳には上等なイヤマフタイプのイヤホンをつけていた。
 たぶん、いつものように車がこないだろうと思い込み、好きな音楽に神経を奪われて周りに注意がいかなかったんだろう。
 このごろは携帯やスマホに注意が行っていると電車ホームから転落したり、車両に接触したりする事故が多いということで関東圏の電鉄会社が注意を呼びかけたと報道があったところ。小生も、前職時代に、大企業の工場で終業後、工場の門から若い女性が携帯をして大通りにそのまま出て車に轢かれて亡くなったと聞いたことがあり、その話を思い出した。

 もう少ししたら、全国安全週間が始まる。当然企業なり会社組織全体で、安全対策が万全でなければならないが、やはり働く側も、危険を避けるということ・安全に行動するってことを常に意識にもつ重要性を、再認識した雨の日だった。

(余談)
 通りと筋の違いは何か。知っている方がいれば教えて頂けたら幸いです。南北・東西の違いというよりは、道幅の大きさのような気もしますが・・

カテゴリー: 事務局長通信コーナー   パーマリンク