兵庫県支部から

近況(年末)

寒さが一段と厳しくなってきています

通勤電車のお客さんも手袋、マフラーが増え、マスクをつけている方も多くなってきました
この頃の日本の天気の変わり具合がなぜかしら極端な感じです
ほどほどがなくいきなりという変化が多いなと感じるこの頃です

巷間では、都知事問題で揺れて辞職で一定の区切りがついたかと思えば
大手飲食チェーン店の経営者の事件・・
天候と同じように振幅が大きく、時流に
年配者にはなかなかついていくのがしんどい状況です
もっとほっとしたようなニュースがないものかと思います

支部事務局にはいろんな情報が入ってきますが
事業内検査の内容についてのことがあります

検査業はなんといっても行政に登録が必要であり
不備が発覚すればそれなりの処分は前提となっており
各登録業者も理解が一定はできていると思いますが

事業内は、検査資格はあるにしても、検査内容、結果記録等
問題がある特自検が多いという情報です
特に整地関係は検査員研修を受講することなく、特自検資格があるケースもあり
特自検を全く理解せず事業内検査をしているというような・・・

建荷協のみで対応することは不可能であり業界全体、そして行政と一体となった対策、
中長期的な対策が必要ではないかと思います

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク