兵庫県支部から

近況(6月)

先週の5,6,7日に高所作業車検査員資格取得研修を開催実施しました
学科・実技共無事に適確に実施できました

 実技の日は、突然の降雨があり、講師の皆様・研修受講生の皆様にご苦労をおかけしました
長雨ではなかったので事なきを得ました

学科試験は、従来の演習問題集の復習制度が廃止され、「一発勝負」となりましたので、その結果を非常に危惧していたところです
ふたを開けてみれば、15問中1問のみ間違えた人が数名いたのみでした

 7月に発行する支部機関紙の記事でもコメントしておりますが、第一に、受講生な熱心な聴講、第二に選任講師の適切な講義があってのことだと感じました。あと、本部が言われるように試験問題を見直し改良した点もあると思います
7月1日前後には、第100号となる機関紙「くらくしょん」を会員事業所にはお届けいたします。情報提供のほか、7月以降の各研修・教育一覧(表面)とその申込み(裏面)をセットにした案内を差し込んでいます

建荷協の主要事業の一つである特定自主検査業務従事者のレベルアップにとって有益と思っておりますので、関係者の皆様の多くの申込みを期待しています 

(つぶやき)
本日午後3時頃、業務の関係で外に出ましたが、日差しもきつく又かなりのむし暑さを感じました。《梅雨の中休みでしょうか》
当ビルの2階会議室でフォークリフト運転技能講習の学科を本日実施し、明日が実技一日目です。講師や受講生の皆さんの熱中症予防を、本日講習の終わりにお願いすることにします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク