兵庫県支部から

労災死 増加!緊急要請始まる

暑い日が続いております 会員各位には残暑お見舞い申し上げます

さて 標題の件ですが 昨日の新聞各紙の夕刊に掲載されました

昨日(8月5日)、厚生労働省が1~6月に労災事故で死亡した労働者数(全国)を発表しました
それによりますと、前年同期比19・6%増の437人と大幅に増加した、とのことです
(休業4日以上の労災件数も3・6%以上の増加)

業種別でみると建設業(159人)、第三次産業(92人)、製造業(82人)、陸上貨物運送事業(55人)の順で多発しています
特に陸上貨物では前年同期比62%増となっています

田村厚生労働省大臣は会見で「経済情勢が好転する中、企業の安全衛生管理体制のほころびが懸念される」と述べました
担当者も「景気回復で企業活動が活発になる中、人手不足で現場に経験の浅い労働者が増え、事故につながっている」としています。(8月5日付け神戸新聞夕刊8面)

このような状況を踏まえ、厚生労働省では、同日、「労働災害のない職場つくりに向けた緊急要請」と題する要請文を関係機関、団体に発出しております
当建荷協も労働災害防止団体の一つですので、本部の方に要請があったものと思います

兵庫労働局管内では、昨日現在、労災死亡者数は27名と、前年同期に比べ5名増加しているとのことでした

各会員事業所におかれましても、夏の熱中症対策に加え、各従業員に対する労働災害防止対策をより一層、適確に進めていただくようお願いいたします

また、特定自主検査対象機械である、建設機械及び荷役運搬機械についても、ユーザーに対し機械の安全を確保できる検査体制を確立していただき、より安全な機械の使用に貢献をお願いいたしたいと思います

昨日に、要請が行われた段階ですので、今後、本部及び関係行政機関より指示等が来ましたら、当内容を当ホームページに掲載する等会員への周知を行う予定です
よろしくお願いいたします

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク