兵庫県支部から

令和元年度 特自検管理研修会(11.21)を開催します

11月21日午後1時30分より、兵庫労働局後援の、特定自主検査管理研修会を開催いたします。受講対象者は、代表者をはじめ、特自検責任者・管理者、特自検業務の事務従事者そして各検査者など、幅広く対象としております。

名称は「管理」と銘打っていますが、実際の検査される方も、業務の知識として管理面の知識は必要となります。そのような意味で、多くの関係者の受講を期待しているところです。

研修内容は、兵庫労働局等行政機関の監査対象となっている「検査業者」として留意しなければならない事項について、兵庫労働局労働基準部安全課よりお話しをいただくことになっています。

研修会の名称を付けてはおりますが、内容的には、検査業者であれば必ず聞いていただき、それを業務に生かして、検査業者として実施しなければならない事項を再確認する重要な場です。

事務局としてもPRを行っておりますが、まだまだ理解を得ていただけていない状況となり残念に思います。

強制ではないのですが、監督官庁の話は、監査を受ける側で最低限聞いておくという姿勢が必要ではないかと思っているところです。

次に、兵庫労働局では、「兵庫リスク低減MS運動」を展開中です。簡単に言えば、各職場における「リスクアセスメント」を確実にかつ継続的に実施をし、リスク(危険要因)を減らしていく安全活動ということになると思います。

本研修会では、昨年に続き、このリスクアセスメントの具体的な取り組みの進め方を本部講師により説明をさせていただきます。

リスクアセスメントをまだ具体的に進めておられてない会員事業所も多いと思います。
事務局担当者としては、このリスクアセスメントなくして労働災害防止活動はない、と思っております。本研修会で少しでも、各事業所におけるこの取り組みが進むきっかけ及び知識取得の手助けになれば、と期待をしているところです。

本研修会の参加状況は、残念ながら現時点では、定員の半分にも満たない状況となっております。
11月は、業務多忙の時期にはなっていると思いますが、万障繰り合わせの上、ご参加をよろしくお願いいたします。
申込みは、トピックスの当該箇所をクリックいただきますと、当該申込用紙がダウンロードできますのでご活用ください。また、事務局に直接電話(078-332-4936)いただいても大丈夫です。

よろしくお願いいたします。

(近況)
神戸の冬の風物詩となっている「ルミナリエ」は、12月6~15日の間で、催されるようです。

支部事務所のある神港ビルから約100mくらい北の「三井住友BK 神戸営業部」の東側より東遊園地に向かって、灯りがともされます。

今週月曜(28日)から、イタリアの職人さんが組立てを始めました。今日(木)、近くを通りましたら、電飾の飾り付けが始まってました。

P1000641P1000643

 今日は、職人さんが高所作業車を使用して作業されていました。リース車と思いますが、仕事柄、特自検ステッカーを貼付されているか確認したいところですが、そこまではできなかったです。職人さんは10名前後はいると思いますが、多分、閉会の12月半ばまで異国での滞在になるのではと勝手に想像しました。それらも考えると、このルミナリエ事業の費用は、相当高額になるだろうなと素人ながら思ってしまいました。
当初の鎮魂の趣旨とは趣が異なってきたという意見もあるし、周囲のテナントは費用負担も含め大変という話も聞きます。
しかしながら、神戸の冬→ルミナリエ、の図式も出来上がった感もあり、一大観光イベントには違いないと思います。

 

 

 

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク