兵庫県支部から

10月近況

もう10月が終わります
秋の日のつるべ落としという言葉がありますが、ここんとこ急に日が短くなってきたのを通勤の帰りに実感するこの頃です

今月末日には但馬地区での運転技能講習を実施しますが、朝8時から開始しても、実技のテスト開始時間が15時50分からなので日差しが大丈夫かと思いましたが、急なキャンセルが出て1班7名で実施できるのでなんとか日没までには終了できそうなので安心しております

今月はフォークリフトの事業内検査者資格取得研修を実施しました
身内のご不幸等で急遽のキャンセルが複数でました 
テキストも会場に手配済みでしたが、事情が事情だけに了解させてもらいました 

研修後、何人かの受講生と話をしましたが、やはり受講理由は端的に言えば「経費節減のため」とのことでした 
また一から検査機器をそろえるというところも多くありました

検査機器の使用方法や詳細な検査手法について、あの短時間では100%理解をするのは困難との感想です 

県外の受講生でしたが、事務局に一から教えてくれと言われたケースもあり、個別には対応することは研修制度ではできないということを説明したところです
事業内で指導を受けることができないのであれば、別途専門家を呼んで検査方法を教示してもらえばどうかとアドバイスはしましたが・・・

事務局としては指定の実習記録表が提出されない限りは、如何ともしがたい訳ですので、適正な実習を行っていただくよう要請するしかありません

事業内検査者の受講者の範囲はかなり広範囲です
特に機械の運転経験資格で受講し、機械知識・工学知識が全くないような研修生については、受講指定時間数や内容は今後課題となると思われます

来月11月は「特定自主検査強調月間」で本部では、全国一斉に新聞広報を行うと連絡が来ております(11月1日付け朝刊)
神戸新聞にも掲載される模様です
県内の関係事業所における特定自主検査の適正な実施の一助になると期待します

 

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク